せどり

モノレートとKeepaの違いを徹底解説【アオ流あわせ技も紹介】

こんにちは、アオです!

最近入った初心者スタッフに聞かれたのが、

「モノレートとkeepa(キーパ)って、何が違うんですか?」

という質問。

(これでも、スタッフをイチから育ててたりするんですよ(*´Д`*))

違いが分かればどちらを使うべきか(もしくは、両方使うべきか)

が判断できるので、しっかり理解しておきたいですよね。

今回は、モノレートとkeepaを長年愛用してきた私が違いについて徹底解説していきます。

あまり知られていない便利な機能についても、こっそりお話しちゃいますよ~♪

モノレートは絶対に必要

モノレートは、Amazon商品の価格推移やランキングをグラフで表示してくれる無料ツールです。

データの蓄積量が多く過去の推移も見れるので、

グラフを観察するだけでせどりの感覚を掴めちゃいます(*´◒`*)

恐らく、せどらーで使ったことのない人はいないので、必須ツールとして覚えておいてくださいね。

アオ
しかも、全ての機能が完全無料で使えるよ!

keepaを導入すると効率化が進む

結論から申し上げますと、

個人的にはモノレートとkeepaの両方を使うのがおすすめです。

keepaはモノレートと同じくAmazon商品の価格推移や

ランキングを表示してくれるツールですが、独自の特徴が3つあります。

keepaの特徴

  • グラフの期間を細かく設定できる
  • 値下がり通知メールを受け取れる
  • Google Chromeの拡張機能である

順番に、みていきましょう。

グラフの期間を細かく設定できる

まず、こちらがモノレートのグラフです。

出典:モノレート

では、keepaのグラフも見てみましょう。

出典:Amazon

どちらも中古と新品の価格推移を表していますが、注目したいのは”選べる期間”です。

モノレートでは、

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • すべて(全期間)

しか選べませんが、keepaでは、

  • 1日
  • 1週間
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
  • 1年間
  • すべて(全期間)

と、さらに短期間でのリサーチができちゃいます。

旬な売れ筋商品は短期間での価格推移が激しいので、このkeepaの機能はとっても便利!

keepaが、モノレートのグラフを補完してくれることがわかりますね(*´ω`*)

値下がり通知メールを受け取れる

これはモノレートにはない機能なんですが、

keepaでは自分の設定した金額よりも価格が下回るとメールでお知らせをしてくれます。

アオ
この機能も、無料だよ!

こまめにグラフを確認する必要がなくなるので、本当に画期的な機能の一つです。

Google Chromeの拡張機能である

こちらもモノレートとの大きな違いですが、

実はkeepaは、Google Chromeの拡張機能なんです。

Google Chromeなど特定のブラウザからしか使えないというデメリットはありますが、

インストールするとこのようにAmazonの販売ページでグラフが自動表示されるようになります。

出典:Amazon

モノレートのようにわざわざサイトを開いて商品名を検索する手間がなくなるので、効率は格段にアップ!

ちょっと気になるな~くらいの商品ページを見ている時でも

自動的にグラフが目に入るようになるので、せどらーとしての目も肥えてきますよ(*´Д`*)

モノレートとkeepaのメリット・デメリット

モノレートのメリット

  • 完全無料
  • データの蓄積量が多い
  • 全てのブラウザで使える

モノレートのデメリット

  • サイトが重くなりがち
  • 1日単位での価格推移が見れない
  • サイトを開かないとグラフが見れない

モノレートは、完全無料で使えて膨大なデータを参考にできるのがメリット。

 

拡張機能やアプリではないので、どのブラウザからでも利用できます♪

アクセスが集中しすぎてサイトが重くなりがちなのが残念な点ですが、

そんなときは、keepaがモノレートの代わりになってくれるので安心してくださいね。

keepaのメリット

  • Amazonの商品ページでグラフが見れる
  • 金額を設定して値下がり通知メールを受け取れる
  • 1日や1週間といった短期間での価格推移が分かる

keepaのデメリット

  • 一部有料
  • ブラウザが限られる

keepaの最大のメリットは、Amazonの商品ページでのグラフ自動表示

これだけでも、せどりの作業時間は格段に短縮されます。

残念ながら、Keepaは、2019年から一部機能(ランキングなど)が有料化してしまいました。

でも、こちらは完全無料のモノレートで確認をすればOK。

まさに、お互いが補完し合ってくれるというわけです(*´Д`*)

アオ流、モノレートとKeepa有料版のあわせ技を紹介!

私は、実はあえてのKeepa有料版を使っています。

というのも、モノレートのグラフには出なかった価格変動を、実はKeepa有料版のグラフでは見ることが出来ることが「たまに」あるんです!

下の画像は同じ商品なんですが、モノレートに出ない価格変動を検知していますよね。

こんな感じで、モノレートとKeepa有料版の2つを併用すると、さらにリサーチの精度が上がります!

せどりで利益が出てきて余裕があれば、有料版もおススメです♪

でも、あくまで「たまに」の話なので、初心者の方は、無理せず無料版で全然OKですよ!

まとめ

モノレートとkeepaは、どちらかに絞って使うのではなく補完し合っての活用がおすすめです。

keepaを使えるようになっておけば、モノレートが重くて開かないときも安心。

一部有料というデメリットはありますが、

無料の範囲内でもしっかり役に立つので、気軽にインストールしてみてくださいね♪

-せどり

© 2020 アオの電脳せどりラボ