せどり

モノレートが使えなくても大丈夫!モノレートの代わりになるツールを紹介!

モノレートが使えなくても大丈夫!モノレートの代わりになるツールを紹介!

【2020年8月更新】

モノレートが、2020年6月末を持って「閉鎖」されましたね。

この記事でも、モノレート閉鎖後すぐ「モノレートの代わりになるツールと、今考えられる最強の組み合わせ」として、Keepa&デルタトレーサー&ウォッチベルを紹介しました。

アオ
ただ、残念ながらデルタトレーサー無料版が廃止に!

モノレートに続きとても残念ですが、他にも優秀なツールが次々とリリースされていますね!!( *´艸`)

そこで「電脳せどりツールオタク」の私アオが、

モノレートの代わりになるツール【2020年8月最新版】を、再度紹介します!

アオ
デルタトレーサーに代わるおススメは「モノサーチ(無料・Webサイト版)」です!前回の記事を読まれた方は、ここだけでもチェックしてもらえると嬉しいです♪

 

やはりKeepa(キーパ)有料版が、最有力

>>Keepaインストールページ

モノレートが閉鎖された以上、代わりのツールとして、1番おすすめなのは何と言っても「Keepa(キーパ)」。

モノレート閉鎖後、色々なツールが出ましたが、それでも「イチオシ」です。

大大大定番ですね。Google Chromeの拡張機能です。

定番だけど、モノレートだけで済ませてて、初心者さんとか使ってない人も多そう。

代替えツールといっても劣化版なわけではなく、モノレートより便利だと感じることもある優れものです!

(分かる~!と頷かれたベテランせどらーの方も多いのではないでしょうか(*´Д`*))

アオ
今、困っている人でKeepa使っていない人がいたら、入れて!!今すぐ!!

Keepaはモノレートよりも便利!?

評判が高い理由は、keepaのメリット3つにあります。

keepaのメリット3つ

グラフが分かりやすい
Amazonの商品ページに導入できる
値下がり通知をメールで受け取れる

keepaのグラフは、複数の線で表示されています。

出典:keepa

このように、

  • 新品販売値
  • 中古販売値
  • Amazon販売値

などを一つのグラフで閲覧できるので、見比べるのがとってもかんたん!

初心者でもすぐに理解ができるのが嬉しいですよね(●´ω`●)

無料版と有料版、モノレートの代わりなら【有料版】

Keepaは「無料版」と「有料版(月額2000円くらい)」があります。

残念なのが、今の「Keepa無料版」では、ランキング推移のグラフが表示されません。価格推移だけ。

下の画像は、同じ商品をKeepa無料版と有料版で表示した結果です。

モノレートでもお世話になっていた、あのギザギザです。

モノレートが使えた時は、無料版でも良かったんだけど、モノレートでグラフが見れない今Keepaは「有料版」一択

見ての通り「Keepa無料版」だけでは、モノレートの変わりは無理デス(*´Д`)!

無料ツールが良ければ、次に紹介する「モノサーチ」がおすすめです。

ちなみに、私はずっと「モノレート」と「Keepa有料版」を併用して、リサーチしていました。

前にも紹介したんですが、モノレートのグラフには出なかった価格変動を、

Keepaのグラフでは見ることができるので、2つを併用するとかなり精度が高かったです。

下の画像は同じ商品なんですが、モノレートに出ない価格変動を検知していますよね。

(今後、モノレートとKeepaの合わせ技は使えませんが…(;^ω^))

要は、それだけ「Keepaは精度が良いツール」だということを伝えたいです。

Keepaには、仕入判断で何度も助けられています。

アオ
モノレートの代わりとして「Keepa有料版」は第1候補として考えておくべき!

 

店舗せどりも対応、モノサーチ(無料・Webサイト版)


>>モノサーチ(Webサイト版)サイトはこちら

モノサーチ(Webサイト版)は、無料で使えるリサーチツールです。

アプリみたいにインストールは不要で、ブラウザさえあればPC・スマホ問わず使うことが出来ます。

最近は有料ツールが増えてきましたが、モノサーチは無料なうえ、メール登録(地味に面倒)すら不要なので、アクセスしてすぐ、気軽に試せるのが嬉しいですw。

モノサーチ(Webサイト版)の主な特徴

・主なショッピングサイトの価格を比較

・Keepaグラフと連動

・Price2Alert(楽天版Keepa)と連動

・バーコード検索対応

・ASIN/EAN各種コード対応

同じ名前のChrome拡張版ツールもあるので注意!

モノサーチ「Webサイト版」とあえて書いていますが、同じ名前でモノサーチ「Chrome拡張版(無料・有料)」というツールもあります。

Chrome拡張版は、パソコンでインストールが必要です。

今回紹介するのは、インストール不要の「Webサイト版」です!

アオ
「モノサーチ」でググると、Chrome拡張が上位に出てくるので、混乱しないようにご注意を…。私は最初すごく混乱しました(>_<)

>>モノサーチ(Webサイト版)サイトはこちら

ちなみにモノサーチChrome拡張版も、セラーリサーチ(ライバル調査)などには、かなり便利です。

初心者の方や店舗せどりの方は、とりあえず簡単で手軽なWeb版をオススメしますが、Chrome版も無料版があるので、気になる方は試してみると良いと思います♪

アオ
ベテランせどらーさんの方は、Chrome拡張版も使っている方がかなり多い印象。

>>モノサーチ(Google拡張機能版)ダウンロードページ

 

モノサーチ「Webサイト版」の使い方

モノサーチ「Webサイト版」は、直感的に使えるので迷うことは無いと思いますが、簡単に使い方を紹介します。

 

検索方法

>>モノサーチ(Webサイト版)サイトはこちら

モノサーチは、キーワードでの検索の他に、各種コード検索(ASHIN/EANなど)や、バーコード検索にも対応しています。

スマホでサイトにアクセスすると、バーコード検索も出来るので、店舗せどりの方も便利です♪

 

検索すると、商品情報にKeepaのミニグラフが表示されます!!

アオ
モノサーチはKeepaと連携しているので、Keepa愛好者にはかなりオススメ!

また、楽天版KeepaのPrice2Alertとも連動しています。

ちなみに私は今「楽天ポイントせどり」に力を入れているので、モノサーチ・Price2Alert・Keepaの3つは最強だと思っています

楽天版モノレート(keepa)の【Price2alert】を使った仕入れ方法

こんにちは、アオです! 楽天ポイントせどりをしているみなさん、こんなことを思ったことはありませんか? アオ楽天にも、モノレート(keepa)みたいなツールがあったらなぁ…。 私は、あります。そして、見 ...

続きを見る

さらに、新品・中古の各ショップの在庫・出品数などが確認できます。

それぞれのサイト名をクリックで各ショップに飛べるので、すぐチェック出来て便利です。

このように、モノサーチは手軽に使える上、かなり優秀な使えるツールです。

モノサーチWeb版をオススメする人

モノサーチWeb版は「無料で登録なし」なので、とりあえず誰でもオススメです。

アオ
オンラインショップの安値検索ができるので、普通に友達(せどり全く関係ない)に教えても喜ばれます。

私は普通にオンラインで買い物する時、とりあえずモノサーチWebで検索しますw

あえて挙げるなら、特にオススメなのは次の方です。

モノサーチWeb版を特にオススメする人

・Keepaを使っている方

・楽天ポイントせどりをしている方

・店舗せどりをしている方

・無料リサーチツールを探している方

>>モノサーチ(Webサイト版)サイトはこちら

 

モノレートの代わり、私の「最強ツール組み合わせ」と戦略

最後にモノレートの代わりとして、今私が考える「最強ツールの組み合わせ」を紹介しますので、参考になれば幸いです。

「Keepa有料版」+「モノサーチ」+「自動価格改定ツール」+「WatchBell」を組み合わせる

仕入れ判断は、今まで紹介したように、「Keepa有料版」+「モノサーチ」をベースとします。

(2つが使えない時のことも考えて、他の似たツールも使えるようにします。)

Keepaとモノサーチは相性が良いので、基本はこの組み合わせがおすすめです。

それでも、今までより仕入れ判断の精度が落ちるのは、たぶん誰も避けられないでしょう…。

そこで、これを機に「仕入れ」ではなく「売上」も見直していきます!

「より高く売る」ために、自動価格改定ツールを見直す

以前まで、私はとにかく「仕入れ値」を最重要視していました。

もちろん、「仕入れ値」が大事なのに変わりは無いんですが、「売値」に関しては、昔から使っている自動価格設定ツールに丸投げしていたんです。

私の目標は「せどり完全自動化」なので、せどりを始めてから、かなり早い段階で使っていました。

アオ
完全に「売値」について、思考停止状態…

去年末に少し気になってイロイロ確認したら、「この売値設定どうなの?」と疑問を少し持ち始めました。

価格改定ツールにも「プライスター」「マカド」「アマストリーム」など多々ありますよね。

現在は、色々と試して1から比較検討しているところです。

アオ
今回のモノレートの件で、さらに「売値」を強化していきたいと考えました。

「WatchBell(ウォッチベル)」について

>>Watchbell(ウォッチベル)

売値を見直す中で、導入を検討しているのが「WatchBell(ウォッチベル)」です。

簡単に言えば、より高値で売れるよう「販売価格」を細かく分析・調整できるツールです。

モノレート閉鎖の告知ページでも紹介されてて、モノレートと同じ会社が新しく作った(作っている?)手動価格改定ツールです。

こちらはAmazonの許可を受けているとのことなので、モノレートのように無くなることはなさそうです。

アオ
残念ながら、主に仕入れ判断に使われていたモノレートとは全然違い、Amazon出品・価格j改定・売上管理のツールなので、モノレートの代わりにはなりません。

WatchBellで「より高く売る」が実現できる?

実はここでWatchBellをレビューしたいのですが、今β版を使えるのが「出品SKU数が2000以内」の人だけ(*´Д`)!!(もうちょっと増やしてーーー!)

SKUの件、4000に増えていました!早速登録して記事にしたので、読んで頂けると嬉しいです!

WatchBell(ウォッチベル)β版レビュー!モノレートの代わりになる?

モノレートが2020年6月30日で閉鎖する衝撃ニュースと同時に、新ツールWatchBell(ウォッチベル)のリリースが発表されました。 モノレートを開発された方々の新ツールという事で、注目しているのは ...

続きを見る

 

ツール自体も正式リリース前のβ版で正直、未知数ですが期待大です。

商品やジャンルやコンディションによって使い分けたり、売値については今後頭を使っていこうと思っています。

今現在のβ版は無料で使えますが、将来は有料になる予定のようです。

Amazon大口出品している人で「SKU数が4000以内」なら、無料の今のうちに試すべきと思います。

アオ
私も6月19日に導入しました!まだデータ収集中ですが、ワクワクしています。

今出ているWatchBellの情報だと、正式リリースされても他のツールと併用して行きたいと思っています。

自動価格改定ツールにもメリットは沢山あるので、私のやり方だと多分、商品によって使い分けるのがベストかな…。

イロイロ考えると、今後が楽しみです!

アオ
他にも、価格改定ツールでオススメあれば、ぜひ教えて下さい!

苦労して仕入れた商品、なるべく高値で売りたいですよね。

なので、仕入れを「Keepa」or「モノサーチ」でカバーして、「価格改定ツールを見直し、より高く売る」ていうのが今私が考えている、最強ツールの組み合わせです。

 

最後に

せどりツールが急に使えなくなるって、実は「よくある」事なんですよね(*´Д`)

「プライスチェック」っていうツールを覚えている人いますか?以前はモノレートと人気を二分していた程の、人気せどりツールでした。

それが突然閉鎖になったことがありました。

その時に「モノレートも、もしかして無くなる??」と思った記憶があります。

まさか、現実になるとは…(*´Д`)

今後も、いろんなツールが出ては消えていくんでしょう。

でも「せどりツール」は、電脳せどらーにとって命綱なので、これからも色々試して、賢く使っていきたい。

今後もできる限り、せどりツールをレビューしていきたいです。

この記事が、皆さんのお役に立ちますように!

アオ
せどらーの皆さん、一緒に頑張りましょう!!

-せどり

© 2020 アオの電脳せどりラボ